代表挨拶

代表挨拶

当社は、株式会社レンブラントホールディングスの子会社として設立以降、不動産事業会社として企業活動を行っております。

国土交通省が発表した2019年元旦時点の公示地価によると、国内の公示地価の平均変動率において、商業地・住宅地・工業地などの全用途平均が4年続けて1.2%アップしました。また、上昇幅についても3年連続で上向き傾向にあります。特に、主要都市の中心部にある商業地では、ホテルや店舗などの出店意欲が高まっています。これには、再開発の進展による繁華性の向上や外国人観光客を始めとした国内外からの来街者の増加などが背景としてあります。オフィスに関しても、働き方改革などに対応したオフィス環境の改善に向け、拡張・移転の動向が見られ、空室率の低下傾向が継続しています。

このような中で、テナントニーズの高度化、最新のI T設備や省エネ性能に加え、建物の耐震化やBCP(事業継続計画)対策等も重視されるようになりました。最先端の設備を整えた競争力のある物件が人気を集める一方、築年数を経た競争力のない物件の空室が長く続くなど、他の市場と同じような二極化現象も見られています。 また、国内では少子高齢化が進行するなか、世帯数も減っていくと予測されており、消費者の不動産への需要が変化しつつあります。当社は、そのような、需要の変化に応え、今後の不動産事業の成長に繋げていきます。

代表取締役 社長

小巻 公平